harappa school 2019 winter-spring

harappa school 2019 winter-spring


あなたの好奇心をくすぐる「なぜ?」を一緒に考えましょう。

主催:NPO法人harappa、NPO harappa百石町展示館自主事業実施委員会

1/21mon◇写真の時間「郷土に写真を残す」

先生:高橋しげみ(青森県立美術館・学芸員)

高橋しげみ

開催日
2019/01/21(月)18:30ー20:00
[◎このプログラムに参加する]
青森県立美術館での「小島一郎 北を撮る」展(2009)、 「澤田教一 故郷と戦場」展(2016)といった写真展の実施やその調査・ 研究の過程で考えた、郷土に郷土の写真を残すことの意義についてお話しします。

2/5tue◇音楽の時間 「イギリスのピアノ小品」

先生:浅野清(音楽家)

浅野清

開催日
2019/02/05(火)18:30ー19:30
[◎このプログラムに参加する]
普段のコンサートであまり取り上げられないイギリスの 作曲家によるピアノ作品をご紹介し、他の国の音楽とは 一味違う魅力に触れて貰うことを目指します。

2/18mon◇仏像の時間 「りっぱでない仏像の魅力」

先生:須藤弘敏(弘前大学人文学部・教授)

須藤弘敏

開催日
2019/02/18(月)18:30ー20:00
[◎このプログラムに参加する]
青森・岩手を中心に、仏師の手によらない「民間仏」を紹介した 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』(著:須藤 弘敏 ほか)。 本では紹介しきれなかった、都でつくられた仏像とは異なる、 稚拙ながらも存在感を放つ地方仏の魅力をお伝えします。

3/18mon◇映画の時間 「ミステリを読んで、見よう!」

先生:三上雅通(harappa映画部・館主)

三上雅通

開催日
2019/03/18(月)18:30ー20:00
[◎このプログラムに参加する]
ミステリの中でも、レイモンド・チャンドラー描く探偵 フィリップ・マーロウはカッコいい。村上春樹の訳もき まってる。ならば、彼はどんな姿形をしてるのか。映画 の中から、これぞマーロウという男を選んでみよう。

会場

コトリcafe(青森県弘前市百石町3-2 百石町展示館内)

募集人数

各講座15名

参加費

各回 500円(harappa会員 無料)
+別途1ドリンク
※harappa会員は同時に入会できます。
◎harappa会員についての詳しい情報はこちらから

申込方法

◯ メール(post@harappa-h.org)、または電話(0172-31-0195)にてお知らせください。
・お名前(ふりがな)
・電話番号
・メールアドレス
・希望する講座名

◯ 申込みフォーム
・写真の時間[1/21]
・音楽の時間[2/5]
・仏像の時間[2/18]
・映画の時間[3/18]

◎harappa school2019 winter-spring 映画館 [pdf 0.4MB]

問合せ

harappa
電話 0172-31-1095
メール post@harappa-h.org

会場周辺地図/コトリcafe(弘前市立百石町展示館内)